Olympic

  • 会社情報
  • IR情報
  • 採用情報
お客様サイトへ

キャリアプラン


役職・職務と役割・責任・権限について

【募集対象(入社時に予定される役職・職務)】
①新卒(大・短・専卒)、②新卒(高卒)、③中途↓

販売

担当者 ①②③
お客様のニーズや消費動向、商品動向、市場動向などを掴み、担当する商品群の品揃えや販売方法の決定から商品の仕入れ、加工・製造、売場作り、販売等を行います。 また、パート・アルバイトへの作業指示や、お客様からの声の窓口として、店舗・売場改善の提案も重要な役割です。 社内システムや商品知識、技術を学びながら、計画・実行・検証を通し、商売のイロハとマネジメント力を習得する期間でもあります。
主任 ③
各グループの責任者として、自グループの方針決定と徹底、年間・月間・週間計画の作成、売上や利益、在庫・ロスの数値管理、販促企画、売価決定、売場管理等に責任を持ちます。 自らが作業や販売に携わるばかりではなく、マネジメント力を発揮し、時期や曜日・時間帯に応じて部下に的確な指示を与えます。 また、部下の担当者やパート・アルバイトの就労管理(勤務シフト作成他)や、教育も重要な仕事です。
次長 ③
各店舗、食品・ディスカウント・管理それぞれに責任者として配置され、店長のマネジメントをサポートし、フロアの全グループを統括、売上や店営業利益、在庫、値上下、経費、ロスの管理などに携わります。 また、各グループの主任と相談しながら、商品構成やレイアウトの決定、企画催事の立案と実行、問題点の発見・改善も行います。 部下のマネジメント(管理・教育)、パート・アルバイト採用などにもその権限・役割は及びます。
店長 ③
店舗の最高責任者として、会社から預かった経営資本を効果的に運用し、店営業利益達成に責任を持ちます。 店舗トータルの数値目標・方針策定、販促の企画と実行、部下の活用と教育、モチベーションUP、適正な人員配置、問題点の発見・改善、店舗改装、地域社会との調整など、マネジメントに関する全ての権限と責任を有する、いわば一企業の社長的存在です。 店長の個性が店舗の個性となることも少なくありません。
バイヤー ③
バイヤーは、商品群ごとに商品部(本部)に配置されます。当社では、日常の商品発注・仕入れは各店舗にて行われますが、バイヤーはその基盤作りのため、取引先(メーカー・卸・産地等)との商談や市場リサーチなどにより、Olympicの取扱商品選定と価格設定などを行います。また、担当商品群の商品戦略立案や数値管理、販売促進活動(イベント、チラシ)など、店舗サポーターとしての責務を全うします。 尚、生鮮5部門(青果・精肉・水産・デリカテッセン・インストアベーカリー)にはトレーナーが販売部(本部)に配置され、社員教育や臨店を通して、製造・加工技術の向上や鮮度管理、衛生管理の徹底を推進しています。

チェッカー

担当者 ②
お客様からお代を頂戴し(チェックアウト)、お見送りするチェッカー(レジ)は、店舗とお客様の最も重要な接点であり、その印象がOlympicの印象=店舗の顔になると言っても過言ではありません。 また、チェックアウト業務の他にも、商品の売価チェック、用度品発注、デイリープラン(レジ稼動シフト)作成、パート・アルバイトへの指示、精算業務等を行います。 尚、適性により店舗事務(経理、会計、金銭管理、従業員勤怠管理、用度品管理、伝票管理、OA操作、電話応対他)として配属されることもあります。
リーダー ③
各店舗においてチェッカー(レジ)グループの責任者として、社員からパート・アルバイトに至るまで、接客応対を始めとしたチェックアウト業務全般の管理に携わります。 時期・曜日・時間帯別に客数を予測しながら、担当者のデイリープラン(レジ稼動シフト)作成を管理・サポートし、適切なレジ稼動を指示します。 また、月間行為計画の作成や違算の防止と原因解明、部下の就労管理、教育にも責任を持ちます。
トレーナー ③
店舗管理部(本部)に配置され、新入社員研修を始め、その後のフォロー研修、臨店によるOJT(On the Job Training)、新店舗オープン時のパート・アルバイト研修、繁忙期・新店舗オープン時の販売応援などを通し、Olympic全体の知識・技術・接客・サービスレベル等の向上に尽くします。 また、社員の良き相談相手としての存在でもあります。