今年こそ『電動自転車』が欲しい!最新の電動アシスト自転車を徹底比較 | サイクルオリンピック

CYCLE OLYMPIC | サイクルオリンピック

News

今年こそ『電動自転車』が欲しい!最新の電動アシスト自転車を徹底比較

2022.07.02

あと少しで、ボーナスDAY!今年こそは、あれが欲しい!これが欲しい!

何かを買うか、はたまた旅行に行くか、計画を立てている人も多いのではないでしょうか?
今年こそ、ずっと欲しかった「電動アシスト自転車」が欲しい。
今回は、そんな方必見!

大手3メーカー「ブリヂストン・ヤマハ・パナソニック」の最新電動アシスト自転車を徹底比較!

電動自転車、種類が多すぎるし、何を基準に選べばいいかわからない!
そんな方はぜひ参考にしてください。

【 今回比較する電動アシスト自転車 】

・ ヤマハ PAS With
・ パナソニック ViVi DX
・ パナソニック ViVi L
・ ブリヂストン FRONTIA DX

今回はこの車種をピックアップ!
どれもお買いものに最適な街乗り電動アシスト自転車です。
それでは、それぞれの基本情報から特徴、選ぶときの比較ポイントなどを見ていきましょう!

ヤマハ  PAS With

バッテリー容量
12.3Ah  (フル充電 : 約3.5時間)

アシスト3モード(走行可能距離)< ヤマハだけのアシスト機能が!☝

・強モード 48km
・スマートパワーモード 53km
・オートエコ 78km

サイズ
24インチ 適応身長目安 141cm~ 重量 25.9kg
26インチ 適応身長目安 145cm~ 重量 26.6kg

全長    < 自宅駐輪場に置けるかな・・・?
1880mm(26インチ)・1785mm(24インチ)

全幅
560mm

サドル高    < 低身長だけど乗れるかな・・・?
745~890mm(26インチ)・720~865mm(24インチ)

■ 特徴と比較ポイント☝
ナチュラル + スムーズ + パワフル + 賢い スマートパワーアシスト!

「スマートパワーアシスト」は、自転車をこぐ力やペダルを回す速さ、自転車をこぐ力やペダルを回す速さ、路面の状況から最適なアシストパワーを自動でコントロール。

急な坂道や重たい荷物を載せている時は、パワフルにアシスト、平坦な道や下り坂では、パワーセーブ。
走行中に他モードに切り替えしなくても、常に最適なアシスト力が発揮できます。
手間いらずで、さらにラクラクなヤマハだけにしかないアシスト機能です!

前カゴは、樹脂の軽さのある大きめのカゴ。
手元スイッチは、他メーカーにはない時計機能付き!
スタンドは、ステップがついていて踏み込んでとめやすい。
ハンドルロックは、スタンドを立てるとハンドルにロックがかかる「スタンド式」。
キャリア(荷台)は、後ろカゴはもちろん、お子様を乗せるチャイルドシートも取付可能です!

パナソニック  ViVi DX

バッテリー容量   < 一番大容量!☝
16.0Ah  (フル充電 : 約4.5時間)

アシスト3モード(走行可能距離)

・パワー 59km
・オートマチック 70km
・ロング 100km

サイズ     < 比較車種の中だと24インチの適応身長目安が一番低い!
24インチ 適応身長目安 138cm~ 重量 28.3kg
26インチ 適応身長目安 141cm~ 重量 29.2kg

全長    < 自宅駐輪場に置けるかな・・・?
1875mm(26インチ)・1775mm(24インチ)

全幅
580mm

サドル高    < 低身長だけど乗れるかな・・・?
740~890mm(26インチ)・710~860mm(24インチ)

■ 特徴と比較ポイント☝
バッテリー容量は、3メーカーの中で一番大容量!

電動アシスト自転車を選ぶポイントのひとつであるバッテリーの容量は、今回比較の3メーカーの中で一番大きい16.0Ah!

バッテリー容量が大きいと、一回の充電で走行できる距離が長いということはもちろん、短距離だけしか走らない方にとっては、充電する回数も少ないので、バッテリー持ちがよく、長く使えるというところがポイントです。

前カゴは、樹脂で荷物が傷つきにくく、見えにくい大容量サイズ。
手元スイッチは、残り走行と時間が表示されます。
スタンドは、L字ステップ型で踏み込みやすい。
ハンドルロックは、スタンドを立てるとハンドルにロックがかかる「スタンド式」。
キャリア(荷台)は、後ろカゴはもちろん、お子様を乗せるチャイルドシートも取付可能です!

Panasonic  ViVi L

バッテリー容量
12.0Ah  (フル充電 : 約4.0時間)

アシスト3モード(走行可能距離)

・パワー 46km
・オートマチック 54km
・ロング 83km

サイズ    < とにかく電動自転車の中でも車体重量が軽い!☝
24インチ 適応身長目安 139cm~ 重量 22.0kg
26インチ 適応身長目安 140cm~ 重量 22.4kg

全長    < 自宅駐輪場に置けるかな・・・?
1865mm(26インチ)・1780mm(24インチ)

全幅
580mm

サドル高    < 低身長だけど乗れるかな・・・?
735~860mm(26インチ)・725~850mm(24インチ)

■ 特徴と比較ポイント☝
とにかく、電動自転車の中でも車体重量が軽い!

電動自転車って自転車自体が重たいんでしょ?
そんなイメージを持つ方がほとんどだと思いますが、ViVi Lは普通の自転車に近い重量で、電動自転車の中では軽いんです!

普通の自転車が約19kg前後なのに対し、ViVi Lは約22kg~。
軽い電動自転車が欲しいという方は、迷わずこちら!とオススメしたい1台です。

前カゴは、樹脂の大きめなカゴ。
手元スイッチは、残り走行と時間が表示されます。
スタンドは、L字ステップ型で踏み込みやすい。
ハンドルロックは、「ハンドル固定式」のくるピタが搭載。
キャリア(荷台)は、後ろカゴの取り付けは可能ですが、チャイルドシートは取付不可のため、
お子様を乗せることはできません。

ブリヂストン  フロンティアDX

バッテリー容量  < ブリヂストン独自のアシスト技術が!☝
14.3Ah + 走りながら自動充電  (フル充電 : 約4.1時間)

アシスト3モード(走行可能距離)

・パワーモード 62km
・オートモード 105km
・エコモード 200km

サイズ    < とにかく電動自転車の中でも車体重量が軽い!☝
24インチ 適応身長目安 136cm~ 重量 26.7kg
26インチ 適応身長目安 140cm~ 重量 27.4kg

全長    < 自宅駐輪場に置けるかな・・・?
1875mm(26インチ)・1775mm(24インチ)

全幅
550mm

サドル高    < 低身長だけど乗れるかな・・・?
745~890mm(26インチ)・720~870mm(24インチ)

■ 特徴と比較ポイント☝
ブリヂストン独自のアシスト技術「デュアルドライブ」搭載で走りながら自動充電

ブリヂストンのデュアルドライブは、「走りながら自動充電できる」両輪駆動のアシスト機能です。

他にも軽い力でブレーキングできるモーターブレーキや濡れた路面でも滑りにくいスリップ抑制機能など
ブリヂストン独自のアシスト機能が満載です。
さらに嬉しいのが、サビない・切れない「ベルトドライブ」!

自転車の駆動部分であるチェーンは、カーボンのベルトドライブ仕様のため、錆びない!切れない!注油などのメンテナンスフリーで長く使えるというところがポイントです。

前カゴは、サビにくい丈夫なステンレスワイヤーバスケット。
手元スイッチは、シンプル機能のワンタッチパネル。
スタンドは、ステップがついていて踏み込んでとめやすい。
ハンドルロックは、「ハンドル固定式」のくるピタが搭載。
キャリア(荷台)は、後ろカゴはもちろん、お子様を乗せるチャイルドシートも取付可能です!

日々のお買いものにも便利に使える!街乗り電動アシスト自転車4車種を比較しましたが、みなさんの欲しい電動自転車は見つかりましたか?

世の中には、たくさんの自転車があり、たくさんの種類があります。

その中でも、これは譲れないというポイントや実際に使うシーンを考えながら、コレだ!というものを見つけてみて下さい。

電動アシスト選びにお困りの場合は、お近くのサイクルオリンピックに気軽にご相談下さい。

Shop List
https://www.olympic-corp.co.jp/cycle/shopsearch

category

archives