教えて!自転車がパンクする原因は?朝霞台店スタッフに聞いてみました。 | サイクルオリンピック

CYCLE OLYMPIC | サイクルオリンピック

News

教えて!自転車がパンクする原因は?朝霞台店スタッフに聞いてみました。

2021.07.09

「自転車には、パンクがつきもの…」とよく自転車屋さんで耳にしますが、特に多くなるのが、これからの夏の時期。

夏は、気候が暑く、タイヤの空気が膨張しやすく、
空気が抜けやすくなったり、強い紫外線でタイヤの劣化を早めてしまったり、タイヤの状態によっては走行中にバーストしてしまうなど、他の季節に比べて、何かとパンクトラブルが多くなります。

昨日までは、普通に走っていたのに…、空気を入れたら破裂した…。
夏の暑い中、自転車を押して自転車屋さんに駆け込むのは、本当に大変です。

では、どうしたらいいの?自転車がパンクする原因って何?

今回は、暑い夏、自転車のパンクで大変な思いをする前に覚えておきたい事。
「自転車がパンクする原因」とパンクさせないために徹底すべき「対策やチェックポイント」をサイクルオリンピック朝霞台店スタッフに教えてもらいました!

摩耗パンクとは、空気圧が少ない状態で自転車に乗ると、
タイヤがつぶれ、タイヤと中のチューブが擦れ、磨耗し、薄くなったところから次々と穴が開いてしまうパンクのこと。

磨耗してしまった中のチューブは、このように全体的にチューブが薄くなったしまい、
1か所パンク修理で穴を塞いだとしても、また薄いところから穴が開いてしまうため、
基本的には、パンク修理ではなく、ひどい状態の場合はチューブ交換が必要になります。

摩耗パンクは、穴が小さいケースが多いので、「空気が抜けやすいだけ?」とわかりにくいパンクでもあります。

1日で抜けてしまう場合、数日かけて抜けてしまう場合、様々なので、こまめにタイヤの空気圧の状態をチェックして、抜けやすいようならパンクの点検をするのがオススメです。

リム打ちパンクとは、空気圧が少ない状態で、段差などの上を走ってしまうと、
タイヤがつぶれた時、車輪とタイヤで中のチューブをはさみこんでしまい、穴が開いてしまうパンクのこと。

リム打ちパンクは、中のチューブをガツンと挟んでしまうことによるパンクなので、ハの字に大きな穴が開いてしまいます。

この場合は、パンク修理ではなくチューブ交換が必要になってくるので痛い出費に・・・。

こちらも1位の摩耗パンクと同じ、タイヤの空気圧が不足した状態で起こりやすいものなので、空気圧管理が大切になってきます。

第3位は、刺さりもののパンク!

こちらは、みなさんイメージしやすいパンクかと思いますが、ただ刺さるというだけでなく、
タイヤの劣化具合で、異物が刺さりやすくなる原因があるんです。

それは、タイヤが摩耗し、表面の溝がなくなってしまっている場合。

そして、タイヤが経年劣化し、溝に亀裂が入り、異物を拾いやすくなってしまっている場合です。

タイヤの劣化は、使っていくうちにどうしてもなってしまうものなので、
定期的な空気補充の際にタイヤの状態もチェックしておくと、パンクの原因になるものを未然に防ぐことができますね!

自転車のパンクの原因で、多い順から説明していきました。
では、どうしたらパンクしないで済むのでしょうか・・・?

「自転車パンクの原因 ベスト3」でもわかるように、パンクの原因のほとんどは、空気圧不足によるもの!

自転車の空気は、頻繁に乗っていなくても抜けてしまうものなので、

空気補充は、1週間~10日に1度☝
そして、気温が暑い夏の場合は、暑さで空気が膨張することを考えて、パンパンには入れず、少し控えめで定期的に入れるのがベストです。

定期的な空気補充と適正な空気圧維持を徹底して行うだけでも、かなり対策になりますよ!

パンクの原因第3位にもあるよう、
亀裂が入っていたり、溝がなくなっている場合など、タイヤの劣化は、なかなかわかりにくい部分ではあります。

しかし、空気を入れている際に状態を確認するだけでも、パンクを未然に防ぐことができます。

タイヤの亀裂や溝がなくなっている状態を発見したら、早めに自転車屋さんでタイヤの交換はもちろん、
中のチューブの状態やリムバンドも確認してもらいましょう!

そして、おうちでも簡単にできるのが「虫ゴムチェック」です。

虫ゴムは簡単にいうと、タイヤの空気の蓋になる部分のことで、写真にあるよう、かなり小さなゴムです。

この虫ゴムは夏の暑さに特に弱く、穴が開いてしまったり、亀裂が入ったり、劣化しやすいもの。

虫ゴムにキズ程度の穴があるだけで、パンクしてしまうので、空気を入れる際は定期的な点検が必要になります。

しかし、毎日の通勤や通学、お子様の送り迎えなど、忙しい毎日。
毎回虫ゴムのチェックをするには、かなりの手間になってしまいます。

そんな時にオススメなのが、こちらの「虫ゴムがいらないバルブ」!

スーパー虫 MPブランジャー

こちらは虫ゴム要らずのバルブ!
そのため、虫ゴムの劣化を気にせず使えるので、面倒くさい定期的な点検も必要なし。

いつもどおり空気を入れるだけでOKなんです。

これからの暑い夏を迎える前に、虫ゴムが劣化してパンクする前に、事前に交換しておくのがオススメです!

いつも何気なく走行する道ですが、この道にも様々な原因となるものが隠されています。

たとえば、舗装されていないガタガタ道や砂利道は、とくに刺さりものを拾いやすいので注意!

さらにクロスバイクやロードバイクのような細めのタイヤを履いている場合は、鋭利な砂利で、タイヤを切ってしまうこともあります。

走る際は、道の状態を確認して、できるだけ舗装された道路を走行するよう心がけましょう。

超軽 アルミタンク付ポンプ

アルミボディで、重さ約715gと軽く、
蓄圧タンク付きで空気がいれやすい英式・米式バルブ対応の空気入れです。
※ ボールや浮き輪などにも使用できるアダプター付。

そして、ポンプの空気を入れるトンボ口(バルブを挟む部分)は金具タイプになっていて、
使っていくうちに削れてしまう心配もないので、長くお使いいただけるのもポイントです。

ポンプを支えるステップもついていて、とにかく入れやすい!

空気を楽に入れる”コツ”は1つだけ!

みなさん、どうしても腕の力で入れがちですが…
腕の力ではなく、肩を入れ、「腰ごと下に落とすイメージ」で行ってみてください。

今よりもきっと楽になると思います。

自転車がパンクする原因を知って、徹底した対策をしよう!

みなさんは、どのぐらいパンク対策できていましたか?
自転車パンクの原因を知っておくだけで、どういう対策をすればいいのか分かったと思います。

まずは、タイヤの状態をチェックすることと、定期的な空気圧管理を!

特に夏場の空気管理は非常に難しいので、一度ご相談いただくといいかもしれません。

サイクルオリンピック朝霞台は、空気補充はもちろん、タイヤのチェック、劣化しやすい虫ゴムのチェックも無料で行っています。

お買いものや通勤通学、お出かけの際にお気軽にお立ち寄りください!
みなさまのご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

サイクルオリンピック朝霞台
住所   埼玉県朝霞市西原1-1-20
電話番号 048-497-2019
営業時間 3~10月 11:00~19:30
     11~2月 11:00~19:00
定休日  木曜日 ※定休日が祝日の場合は臨時営業
最寄駅  JR武蔵野線 北朝霞駅・東武東上線 朝霞台駅 徒歩1分
駐車場  130台

https://www.olympic-corp.co.jp/cycle/shop/S32

category

archives