自転車盗難がいちばん多いのは自宅!? 最近の盗難事情と二重ロックの対策アイテム | サイクルオリンピック

CYCLE OLYMPIC | サイクルオリンピック

News

自転車盗難がいちばん多いのは自宅!? 最近の盗難事情と二重ロックの対策アイテム

2021.05.07

最近の自転車盗難事情は?

自転車の盗難事情、警察庁によると令和元年中都内の発生件数は31,937件、
今から5年前の平成28年の46,427件と年々減少傾向にあるようです。
(警察庁 自転車盗難件数の推移 参照)

自転車は、通勤、通学、お買い物など、日常で手軽に使える乗り物。

ここ最近では、感染症対策で密を避けるよう、自転車を使われる方が増えているため、駐輪できるスペースがなく、路上に駐輪してしまったり、ちょっとの時間だし…
とカギを施錠せずとめてしまい、盗難されるというケースも多く発生しています。

ある日突然、あなたの前から自分の自転車が消えてしまったら…
そうなる前に、しっかりと自転車の盗難対策をしましょう。

自転車盗難の発生場所、一番多いのは自宅!

警察庁の調べによると、自転車盗難の発生件数で一番多いのは、自宅!

全体の43.4%は自宅、続いて25.8%は駐車場や駐輪場、
一番多そうな路上での盗難は24.2%、その他6.7%と
意外な結果が出ています。(警察庁 自転車盗難発生場所 参照)

しかも、そのうちの半数以上が施錠なしの状態で盗まれているということ。
いかに、しっかり施錠することが大切かわかりますね・・・

自宅の敷地内、ちょっと荷物を置きに行くだけだから、
またすぐ使うから、自宅内だから大丈夫だろう。
そのちょっとした油断が、自転車の盗難につながってしまいます。

自転車のそばを離れる際は、しっかり施錠!
盗難を防ぐためにも、まずは施錠すること、
そしてもう1つカギをするなど、対策することがオススメです。

自転車盗難対策は、ワイヤー錠で「ダブルロック」!

自転車の盗難対策に有効的と言われているのが、「ダブルロック」。

自転車には、最低1つカギをかけるというのが一般的ではありますが、
「ダブルロック」は、その他に、もう1つ施錠することで、
簡単にできる盗難対策方法のひとつです。

よく使われているのが、手軽に施錠できるワイヤー錠。
ただワイヤー錠といっても、長さや太さ、キータイプやダイアルタイプなど
いろんな種類があるので目的にあったもの、そして日常で使いやすいものを選びましょう。

よくカギを失くしちゃうんです…
カギでもダイヤルでも開錠できる「キー&ダイヤル開錠ロック」

キー&ダイヤル開錠ロック ¥1,738 税込

カギをよく失くしてしまう…家族で共有しているのでカギの管理が面倒という方に
特にオススメなのが、こちらの「キーでも、ダイヤルで施錠と開錠ができる」
ハイブリットロックです。

一般的な自転車だと、後輪に固定式のサークル錠がついていることが多いですが、
ワイヤー錠で前輪も固定することで、気軽にダブルロックができ、しっかり盗難対策が出来ます。

ダイヤルの方は、好きな番号で設定できるので、覚えやすい番号で使用することができます。

収納場所に困らない!スポーツバイクに、気軽に使える人気ワイヤーロック

ULAC BAUHAUS ¥2,200 税込

走行中は、サドル下に収納できるワイヤーロック。
ワイヤー錠の長さは、150cmと長めなので、駐輪場の柵など、
一緒に施錠して盗難を防ぐことが出来ます。

鍵穴には、防塵キャップ付きがついていて、ほこりの侵入はもちろん、
いたずらも防止できる優れものです。

自転車だけでなく、サドルだけの盗難も!?サドル下にもこっそりロック

ULAC GUARDIAN ¥2,398 税込

こちらはカラビナ付のワイヤー錠。
サドル下に付けても走行の邪魔にならず、ワイヤーは長さもあるので、
フレームとタイヤも一緒に巻き付けて施錠することができます。

盗難は、自転車だけでなく、サドルだけの盗難というのも発生しています。

駐輪場に戻ってきたら、サドルだけなかった…
そうならないために、事前にしっかりカギをしておきましょう。

サドル下のカギは、一度かけてしまえば、外すことはあまりない部分なので
対策することをお勧めします。

電動自転車のバッテリーがなくなってる!アシスト自転車のバッテリー盗難対策

電動アシスト用 バッテリーロック ¥1,628 税込

バッテリーもダブルロックでしっかり盗難対策!
電動自転車バッテリー専用のワイヤー錠です。
こちらは、四角い設計のため、施錠していても邪魔にならず、使用することができます。

バッテリーを新しく購入するとなると、5~6万円ぐらいの費用がかかります。
突然の高額出費にならないためにも、事前にできることは行っていきましょう。

まずは、カギの施錠をあたりまえに!ダブルロックでしっかりと盗難対策

自転車盗難事情にもあるように、施錠していない自転車は盗まれてしまいます。
まずは、施錠することを心がけ、ダブルロックを活用したり、
駐輪する場所を気を付けるなど、しっかり対策をして、あなたの大切な自転車を守りましょう。

category

archives