CYCLE OLYMPIC | サイクルオリンピック

News

Root One S10J 日本製自転車の再興! MADE IN JAPANモデル!

2021.01.18

「歩くように走る」進化形自転車「Root One/ルートワン」
その最上位モデル「Root One S10J」は、日本製自転車の再興を目指し誕生しました。
失いかけた伝統と職人技を活かし、日本人の手による、日本人の為の、日本らしい自転車創りを立ち上げました。   
大量生産にこだわらず、数量限定にて実現できた日本製の伝統の職人技、新しいハンドル、ショートクランク、フレーム等を、日本屈指の熟錬職人、競輪フレームを極めたフレームビルダーが監修、たくさんの日本人の匠の技により1台1台丁寧に仕上げた「MADE IN JAPAN」モデルです。

1817年より変わることのなかった典型的なフォルムを今までになかった新しい形の自転車に。
孤高の自転車エンジニアが20年温めてきた、これまでにないフレーム設計を採用。
大正創業の日本が誇る金属加工メーカーにて、熟練工が1台1台フレームを製作します。

KAISEI(日本製)クロモリダブルバテッド鋼 ロウ付け溶接。
職人による繊細で美しい溶接加工により、軽量でしなやかな日本製クロモリ鋼の性能を引き出すことで、上質な乗り心地を生み出すハンドメイドクロモリフレーム。
MADE IN JAPAN
まさに伝統の職人技です。

クロモリとは、クロムモリブデン鋼の略称で、鉄にクロムとモリブデンを添加した合金です。
その特性は、引張り強度が強く振動吸収性に優れていることで、アルミやカーボンに比べてしなやかでマイルドな乗り心地が特徴。その乗り心地に魅了され、世界中に愛好家(クロモリ好き)がいる人気の自転車フレームです。

完成したフレームは塗装をした後、MIRA*CLE LABの自社内(東京都国分寺市)の組み立て工房「Root One Factory」にて、1台1台丁寧にパーツが組み付けられます。
ギアクランクには、世界初の自転車用ギアクランクシステム「フリーパワー」のショートクランクタイプを装着。
独自のフレームジオメトリー、専用設計ハンドル、こだわり尽くした各パーツ、それぞれが相乗効果を発揮し身体への負担を軽減、まるで「歩くように走る」新感覚の乗り心地を実現します。

Root One S10J (MADE IN JAPAN)
Frame&Front fork: KAISEI(日本製)クロモリダブルバテッド鋼 ロウ付け溶接(日本加工)
Tire: Panaracer Pasela 20*1.50 Blue Line(日本製)チューブ仏式(日本製)
Wheels: ALEXRIMS 20inch 32H
Gear crank: FREE POWER FG1 48Y(日本メーカー)
Gear derailleur: Micro Shift RD-R47S 10 Speed
Gear shifter: Micro Shift SL-A10
Chain: KMC X10 128L
Breke: TECTRO R559 High Polished Silver
Handle bar: Nitto B307AA-3L(日本製)Root One専用
Handle stem: Nitto FU-82*260mm(日本製)
Handle grip: VELO VLG-1192-11PD2 L130
Saddle: VELO VL-3424 Gel Padding
Pedal: Wellgo J345
Weight: 約11.0kg
Price: ¥230,000(税込253,000)
※2021年1月現在のものです。価格・仕様は予告なく変更となる場合がございます。

Root One S10J (MADE IN JAPAN)は、フリーパワーショップ国分寺とサイクルオリンピック青山にて受注を承っております。
また、2021年4月まで体験型ストアb8ta有楽町にて展示も行っています。
上記3店舗では試乗も可能です。
JAPANモデルの乗り心地を是非一度体感してみてください。

category

archives