CYCLE OLYMPIC | サイクルオリンピック

News

タイヤの空気入れてますか?

2020.01.22

自転車のパンクってショックですよね?
特に新車購入後に初めてパンクした時のショックと来たら・・・。(ToT)

そんなパンクが発生する確率を簡単に軽減する方法をみなさんは知っていますか?

それは実は簡単なことです・・・。そう!空気を入れること!
空気をこまめに入れて適正な空気圧を保つことでパンクする確率は激減します。

タイヤの空気は風船と同じで毎日少しずつ減っています。

空気が減るとタイヤが変形してサイドにひび割れが発生したり、段差を乗り越えた時にタイヤとホイールの間にチューブが挟まってパンクする「リム打ちパンク」が発生したり、チューブがタイヤ内でずれたり重なったりすることで、チューブ同士の摩擦が起きてパンクしたり・・・実はパンクの7割はタイヤの空気圧の低下が原因と言われています。

また、空気が減った状態で乗るとペダルが重かったり、小さな小石でもパンクする可能性がありますので、とにかく自転車にとって快適に長く乗るための一番大切なメンテナンスと言っても過言ではありません。

毎回乗る前に手で触ってみて空気圧をチェックするのが一番ですが、目安として1~2週間に一回は空気を入れる習慣をつけてください。(タイヤの接地面が10センチくらいが適正と言われています。)

空気を入れるなんて面倒~、どのくらい入れていいか分からない~、という方はぜひお近くのサイクルオリンピックまでお越しください!

サイクルオリンピックでは他社でご購入いただいた自転車でも空気補充はいつでも無料です。スタッフが適正な空気圧まで空気を補充致します。どのくらいが適正な空気圧か実際に触っていただいたり、アドバイスもいたします!

お気に入りの愛車を長く快適に乗るためにも、ぜひお近くのサイクルオリンピックをご利用ください。

category

archives